液状化現象について

このエントリーをはてなブックマークに追加

液状化現象とはどういったことでしょう。大きな地震が発生するたび液状化現象の様子がテレビなどで放送されます。あなたの町は大丈夫でしょうか。日ごろから地震に備え液状化現象についても家族で話し合って確認しておくとよいと思います。

液状化現象はなぜ起きる


液状化現象とは?

地盤は土や砂、水、空気などで構成されており、液状化現象が起こりやすい地盤と言われるのは、海岸や川のそばの比較的地盤がゆるくて地震の際に地下水位の高い砂地盤が、振動により液体状になる現象。

2011年3月11日の大きな地震のときに千葉の浦安で”液状化現象” が発生しました。地面から水があふれ、土管が地面から飛び出すなどのほかに、建物自体も傾いてしまうということが起こります。

住んでいる都道府県については

国土交通省の地震ハザードマップの地震被害(液状化)マップなどを見て調べてみましょう。

国土交通省ハザードマップポータルサイトの紹介

あなたの町のハザードマップを見る

・洪水ハザードマップ

・内水ハザードマップ

・高潮ハザードマップ

・津波ハザードマップ

・土砂災害ハザードマップ

・火山ハザードマップ

日本中のハザードマップを閲覧することが出来ますのでお役立てください。

■詳しくは…国土交通省ハザードマップポータルサイト

私たちには地震が起きる原因が分かってもどうすることもできません。地震はいつ起きてもおかしくないということを理解して、日ごろから地震対策や非常時の持ち出し用品の準備をしておきましょう。

東海地震に関する基礎知識(気象庁ホームページへリンク)
  • 東海地震とは
  • なぜ東海地域で大規模な地震が起きると考えられているのでしょうか?
  • 東海地震による震度や津波はどの程度になるのでしょうか?
  • 東海地震は必ず予知できるのでしょうか?
  • 東海地震が起きそうだとわかった場合、どうやって防災に結びつけるのでしょうか?
  • 「東海地震に関連する情報」Q&A

更新日:

Copyright© 防災対策回覧板WP , 2019 All Rights Reserved.