防災シミュレーションで震度6強体験

このエントリーをはてなブックマークに追加

防災シミュレーションでいざという時の心構え。地震の時に備えての心構えはどのようにすればよいのか、内閣府の防災シミュレーター「震度6強体験シミュレーション」のロールプレイングゲームが参考になります。いざという時に備えて防災シミュレーションで心構えと準備。「震度6強体験シミュレーション」を参考にして、地震の時や避難のときにあわてないようにしてください。

防災シミュレーションについて

防災シミュレーションで震度6強体験で心構えと準備震度6強が体験できるシミュレーション。

地震に対する予防行動・避難回避ロールプレイングゲーム

大地震への予防や避難を体験!

このゲームは、震度6強の地震に対して、「どんな予防対策を取らなくてはいけないか?」「どんな避難行動をとるべきか?」疑似体験するロールプレイングゲームです。

■主な内容の紹介
震度6強体験シミュレーション
我が部屋チェック
揺れ方シミュレーション
想定シナリオ

★音声が出ますので夜間や周りの人に迷惑とならないようご覧ください。【防災シミュレーター】震度6強体験シミュレーション

※サイトをご覧頂くにはFlash Playerがインストールされている必要があります。

 

防災シュミレーションを参考に防災知識を見直して、地震の時には正しい行動をしてください。

お問い合わせ…内閣府政策統括官(防災)

普及啓発・連携担当:03-3503-9394

※内閣府防災シミュレーターのホームページを参考に掲載させていただきました。

私たちには地震が起きる原因が分かってもどうすることもできません。地震はいつ起きてもおかしくないということを理解して、日ごろから地震対策や非常時の持ち出し用品の準備をしておきましょう。

東海地震に関する基礎知識(気象庁ホームページへリンク)
  • 東海地震とは
  • なぜ東海地域で大規模な地震が起きると考えられているのでしょうか?
  • 東海地震による震度や津波はどの程度になるのでしょうか?
  • 東海地震は必ず予知できるのでしょうか?
  • 東海地震が起きそうだとわかった場合、どうやって防災に結びつけるのでしょうか?
  • 「東海地震に関連する情報」Q&A

更新日:

Copyright© 防災対策回覧板WP , 2019 All Rights Reserved.